コンタクトレンズは、高度医療管理機器です。

コンタクトレンズはれっきとした高度医療管理機器です

前書き

このサイトは、実際にコンタクトレンズを使用されたことの無い方又は、現在コンタクトレンズを常用しているけれど、コンタクトレンズについての情報を認知しておられない方を対象にしております。

2005年より、厚生労働省は薬事法の改正に伴って、コンタクトレンズを高度管理医療機器に認定しました。これは、透析器や人工呼吸器と同じく、人体への危険性が高いものとして、国のコンタクトの位置づけが変わったことを意味しました。この背景には、誤った使用法を続けたために、眼球に損傷を負った人が激増したことがあります。そのほとんどが、当時雑貨としてファッションアイテムの一部として売られていたカラーコンタクトを無茶に使用していた一部の若い女性たちでした。

彼女たちの多くは、ファッションとしてコンタクトレンズ(カラコン)を使っていましたので、衛生観念、レンズケアに対する知識があまりなく、同じ服を何日も着る感覚で、レンズのケアをせずに長期間使用したり、装着したまま寝てしまったりする人が多かったのです。このような使用方法だと(通常のコンタクトレンズも)、レンズにアメーバなどが繁殖してしまい、目の中へのアメーバの侵入を許すことになります。これを長時間放置しておくと、角膜炎→角膜潰瘍→虹彩脱出→失明という流れで最悪のケースも考えられるのです。感染症の多くは、自覚症状や表面に出てこないことが多いため、その進行に気づかない人も多いのです。

もし、コンタクトレンズの使用していて目に以上を感じたら、一度お近くの眼科医に相談することをお勧めします。自分の感覚で判断するよりも、プロの判断を頼ることで、事態を未然に防ぐことができるからです。

PR

安全なカラコン激安通販

コンタクトレンズの通販


更新履歴

2014年4月1日
装用期間を更新
2013年11月11日
サイトマップを更新
2013年9月25日
眼科医の診断を更新
2013年9月25日
ケアの方法を更新
2013年9月25日
乾燥を更新